大和当帰草

2017/11/12

大和当帰草   [ヤマトトウキソウ]

大和当帰草をご存知ない方も
いらっしゃると思います。

 

大和トウキは漢方などにもちいられ
神農本草経の中品に収録され、
以来歴代の本草書に収載されている著名な生薬で、日本において需要が多くあります。
主に婦人薬として使用され、血の道症などに効果があり、当帰芍薬散などの処方が有名

日本では、17世紀の中頃から大和や山城地方で
当時大和地方に野生していた深山当帰系のものを栽培し、当帰として利用し、
今日の大和当帰となったと考えられています。 


大和トウキの根は生薬として利用されてきましたが、それ以外の部分は使われていませんでした。
しかし、平成24年より、葉の部分が「非医」扱いとなった
葉は、深い緑色が鮮やかで、セロリのような香りが特長です。
若返りのビタミンといわれるビタミンEを多く含み 冷え性 婦人病など 女性には
最高の栄養価をもっています。



(一部産業・雇用振興部 より抜粋) 

 

 

Share on Facebook
Please reload

新しい記事​

2018/07/05

Please reload

新しい記事​
Please reload

BACK NUMBER
Please reload

​タグ